【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は7日、新型コロナウイルスが空中で2メートルをはるかに超える距離を移動する可能性があると世界の科学者らが指摘したことを受け、空気感染に関する「新たな証拠」を精査する意向を表明した。WHOで感染症予防の技術責任者を務めるベネデッタ・アレグランジ(Benedetta Allegranzi)氏はインターネット上で行われた記者会見で、「私たちは、この分野に新たな証拠があることを認識している」と言