ラグビートップリーグ(TL)のNTTコミュニケーションズは6日、元スコットランド代表主将で15、19年W杯代表のSHグレイグ・レイドロー(34)ら3選手の新加入を発表した。トップリーグに移籍した欧州出身の選手としては、過去最大級の大物となる。代表通算76キャップのレイドローは、昨年のW杯の1次リーグ最終戦の日本戦で先発するなど、キャリア通算で5度も日本と対戦した名スクラムハーフ。15年W杯1次リーグでの対戦では、優れ