5日のラ・リーガ第34節、レアル・マドリーは敵地サン・マメスでのアスレティック・ビルバオ戦に1-0で勝利した。決勝点を決めたのは、またもセルヒオ・ラモスだった。マドリーはこの試合の69分にPKを獲得し、S・ラモスがスピード、コースとも完璧なシュートで先制点を記録。同選手は肉体的にも精神的にも消耗が激しい超過密日程の中、前節ヘタフェ戦(1-0)に続いてプレッシャーがかかるPKを決め切って、優勝を手繰り寄せた格好だ。