監督だけではなく、チームドクターと先輩まで…。どれほど怖かっただろうか。過酷行為に苦しんだトライアスロンの元韓国代表選手だった故チェ・スクヒョンは、監督はもちろん、チームドクター(理学療法士)、先輩ら関係者からもいじめを受けたが、助けてもらえず、結局、極端な選択(=自殺)をした。【関連】元トライアスロン韓国代表が“自殺”…前所属チームで関係者からの暴力行為絶えず大半のスポーツがそうだが、マイナーな