コロナ禍でJAL、ANAともに大幅減便を迫られた。まずは国内線から挽回期すが…(写真:共同)「新型コロナウイルスが業績に与える影響は非常に大きい」6月19日、TKP ガーデンシティ品川で開かれた、日本航空(JAL)の株主総会。株主からコロナ禍における経営方針を問われた際、同社で財務戦略を担当する菊山英樹専務は、硬い表情で足元の事業環境について語った。JALが6月9日に発表した5月の利用客数は、国際線が8295人で前年同月比