自民党が衆院比例区に設けている「73歳定年制」について、小林史明・党青年局長が30日、党総務会で見直しの提起がなかったとして、「議論の余地なしで今後もないと理解した」と語った。青年局が主張する定年制維持で決着した、との見方を示したものだ。総務会後、記者団に話した。総務会には、「73歳定年制」を定める党の比例区公認基準を変更し、年齢に関係なく小選挙区との重複立候補を認めるべきだとして、制度見直しを求め