小泉進次郎環境相は30日、温室効果ガス濃度を測定する人工衛星「いぶき」(GOSAT)について、運用終了後に宇宙ごみにならないよう、処理方法を検討するチームを省内に立ち上げたと発表した。いぶきは環境省や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが共同開発し、2009年に打ち上げられた。設計寿命は5年で、すでに倍以上が過ぎている。小泉氏はこの日の閣議後会見で「ごみ問題を含む環境問題全般を所管