世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は29日の記者会見で、新型コロナウイルスの現状について、「終息に近づいてもいない。厳しい現実だ」と述べ、「加速している」との認識を示した。一方、日本や韓国のこれまでの対応を称賛した。テドロス氏は、最初に中国から報告を受けた日から6月末で半年となり、感染者1千万人、死者50万人に達したのを機に現状をまとめ、各国に対策の強化を訴えた。治療薬やワクチンの開