【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)が慰安婦問題の解決を求めてソウルの日本大使館前で開催してきた定例の「水曜集会」は先週(24日)、保守系市民団体に開催場所の申請を先にされ、10メートルほど離れた聯合ニュース本社前で開いた。だが、同地での開催も別の保守系団体の集会により阻止される見通しだ。警察関係者は29日、