厚労省が発表した「新しい生活様式」では、ソーシャルディスタンスの確保や衛生面の注意など“コロナありき”の過ごし方を紹介しているが、約2か月の外出自粛期間を経て、おおむね“日常”が戻りつつある。しかし、なかには6月からの新しい生活が「以前と何も変わらない」苦痛なものになったという人も……。◆「新しい生活」に絶望した人たち東京都内の旅行代理店勤務・加茂孝之さん(仮名・30代)がうなだれる。「6月1日から