【AFP=時事】陸上男子短距離の世界王者クリスチャン・コールマン(Christian Coleman、米国)が16日、2019年12月にまたしても薬物検査を受けず、出場停止の危機に直面していることを明かした。米短距離界のスター選手であるコールマンは、居場所に関するルールに過去3回違反し、昨年はかろうじて処分を逃れていたが、昨年12月9日にも同じ違反を犯していたことが今回分かった。コールマンは自身のツイッター(Twitter)アカウ