大昔の地球では、体長約4メートルにおよぶワニが、2足歩行をしていたそうだ。推定1億2000年前とされる化石が韓国で発見され、研究者らによると、古代ワニに似た種が2本足で大地を闊歩していたという。オーストラリア・クイーンズランド大学の古生物学者アンソニー・ロミリオ氏はこう説明する。「ある場所で見つかった足型から、巨大な2足歩行の翼竜類が以前干潟を歩いていたという説がありました。しかし現在これは2足歩行のワニだ