在宅勤務の浸透で成果契約が一般的に?評価低い人材は低賃金長時間労働にBLOGOS

在宅勤務の浸透で成果契約が一般的に?評価低い人材は低賃金長時間労働に

ざっくり言うと

  • 在宅勤務の浸透により企業と従業員の関係に起こる変化を、筆者が解説した
  • 従来の雇用契約は成り立たなくなり、成果契約が一般的になっていくと説明
  • 人材の二極化が進み、評価の低い人材は低賃金で長時間労働になると述べた

ランキング

x