アメリカの元統合参謀本部議長、マーティン・デンプシー氏は4日、白人警官に首を圧迫されて黒人男性が死亡した事件をめぐる抗議デモで、ドナルド・トランプ米大統領が事態の鎮静に軍の投入も辞さない姿勢を示したことを非難した。前日には、ジェイムズ・マティス前国防長官も雑誌への寄稿でトランプ氏を非難している。デンプシー氏は、バラク・オバマ政権下で、2011年から2015年まで米軍人トップの統合参謀本部議長を務めた。同氏