【AFP=時事】イタリア北部で、1世紀近く前から発掘調査が行われていた古代ローマのモザイク画がブドウ園の下から発見された。地元市長が28日、明らかにした。モザイク画の保存状態は非常によいという。鮮やかな色彩の幾何学模様のモザイク画は、ベローナ(Verona)に近いネグラールディバルポリチェッラ(Negrar di Valpolicella)郊外で発見され、一部が発掘された。1922年から考古学者らが調査していた邸宅の一部と考えられて