(台北中央社)蔡英文総統は28日、自身のフェイスブックを更新し、台湾の立法委員(国会議員)は与野党いずれも「強引に『香港版国家安全法』の制定を進める中国を非難する」とつづり、支持政党や官民の違いを問わず「団結して香港の人々と民主主義の価値を支持する」台湾の姿勢を示した。台湾で対中政策を所管する大陸委員会も同日、報道文を発表し、民意を顧みず、目的を達成するための横暴な手段は香港の民主主義と自由、法治を