日本のテニス・プレーヤー、大坂なおみ(22)が世界で史上最も年収の多い女子アスリートとなった。米経済誌フォーブス(電子版)が22日に報じているもので、対象となっているのは2019年6月1日から2020年6月1日までの収入。大坂の総収入は獲得賞金とスポンサーからなどの副収入を含めて3740万ドル(約40億4000万円)に達し、過去4年連続で女子部門の1位だったセリーナ・ウィリアムズ(38=米国)を140万ドル(約1億5000万円)上回