90年以上、変わらない製法と変わらない味。シンプルだけどまったく飽きない。それどころか、食べるたびにどんどん好きになっていく。どうして、今日も崎陽軒のシュウマイを食べているのだろう。「酒、シュウマイ」のリレー久しぶりの関西への出張。駅のキヨスクに吸い寄せられ、崎陽軒の「シウマイ弁当」を買う。新幹線に乗り込み、車窓を眺めながら、一息つく。新横浜を過ぎたあたりでおもむろに弁当の封を解く。割り箸を持つ。シ