【AFP=時事】ウクライナ中部で、首都から釣り旅行に出掛けた7人が、地元の男に射殺された。警察が22日、明らかにした。同国ではまれな銃による大量殺人事件となった。事件は同日朝、首都キエフから程近いジトームィル(Zhytomyr)州で発生。内務省関係者によると、キエフ在住の8人が、同州に住む男の招きで、ノボセリィツィア(Novoselytsya)近郊の湖に釣りに行った。プロのハンターとされるこの男が、客人らを狩猟用のライ