新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府は1世帯あたり2枚ずつ布マスク(通称:アベノマスク)を配布することを決定。大阪でも5月半ばから配布が始まった。しかし、手作りの布マスクが珍しくなくなったり、店頭でも不織布マスクが少しずつ買えるようになっており、すでに「マスクには、あんまり不自由していない」という人が増えている。そんな状況下で届くアベノマスクを、ムダにしないでなんとか有効活用する方法はない