黒川弘務東京高検検事長(63)が、コロナ禍で緊急事態宣言が出ているさなかに賭け麻雀に興じていた疑いがあると21日発売の週刊文春が報じ、黒川氏は賭けを認めて同日に辞職の意向を示した。黒川氏といえばスキャンダルから政府を守る「官邸の守護神」とやゆされる人物。先送りとなった検察庁法改正案の騒動も黒川氏の前例のない定年延長が原因だった。今回の報道を巡っては「安倍政権への批判をそらすためにリークさせた人物