【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルス感染者が、完治したとみなされ隔離が解除された後、再び陽性判定を受けた事例が10日までに合計91人になったことが分かった。中央防疫対策本部は10日の定例会見で、「現在までに把握された91人の再陽性事例に対する疫学的また臨床的特性の調査が進行中」と説明した。再陽性が確認された人は9日午前0時時点では74人だった。