カップルには倦怠期が訪れるもの。うまく乗り越えれば絆が深まりますが、我慢したところでマイナスになってしまう場合もあります。サヨナラも視野に入れた方が良いのは、いったいどんな場合なのでしょう。今回は、「別れるべき倦怠期の特徴」をご紹介します。会うとイライラする「彼と会ってもドキドキしない」と感じるのは当然のこと。マンネリになってくると新鮮さはありません。それは穏やかな関係に変わっていくところだからで