今年1月にブンデスリーガのドルトムントに移籍したアーリング・ハーランド。19歳の大型ストライカーは、なぜドイツを選んだのか。その理由を、父親のアルフ・インゲ氏がノルウェーのテレビ局『TV2』の番組で明かしたようだ。ハーランドは日本代表FWの南野拓実も在籍していた、オーストリアのレッドブル・ザルツブルクで頭角を現わした。チャンピオンズ・リーグでは5試合連続ゴールを決め、リバプールやナポリといった強豪を