1980年にNHKのテレビドラマで俳優デビュー。以後、数々の作品との出会いを経て、近年は映画を主に第一線で活躍するベテラン俳優の佐藤浩市さん。今年、還暦という節目を迎える氏に、人生の岐路についてお話をうかがった。≪目次≫●映画業界への憧れは昔から強かったと思います●運は待っていても始まらない。ガッチリ自分から掴むもの●理想の人間像というのは特に持っていません●妻がいなかったら今の自分はなかった●【Informa