東京五輪の開催が「1年程度」延期されることが決まった。すでに今年の夏に向けて調整を進めてきた代表内定選手には酷な状況ともいえるが、一方で、ケガや不調に苦しむ金メダル候補が万全の状態で五輪に臨める可能性が出てくる。【写真】喜びの雄たけびを上げる桃田賢斗の姿バドミントン世界ランク1位の桃田賢斗(25)は、1月に遭った交通事故後、右目眼窩底骨折が判明し、手術を受けた。「2月末から練習に復帰し、来月の日本代