新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、延期が決まった東京五輪・パラリンピック。全国の自治体も聖火リレーやイベントの計画変更で対応に追われるが、大会を機にうまれた参加国・地域とのつながりが、励みとなるケースも出ている。「皆とつながっているから、一緒に乗り越えましょう」秋田県大館市教委スポーツ振興課の遠田尚樹さん(28)は16日、タイ・ボッチャチームから届いた動画メッセージに心を震わせた。大館市は