米国ワシントンの日本大使館は25日、現地採用職員2人から新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかにした。大使館によると、2人は16日に発熱などの症状を訴え、17日以降は自宅で療養していたが、24日に感染が確認されたという。大使館は濃厚接触者を調べているが、今のところ他の職員に症状はみられないという。(ワシントン=園田耕司)