FCバルセロナの中枢部は現在2つの指標に沿い活動を行っている。一つは来シーズンに向けたチームの強化。もう一つは、新型コロナウイルスによる経済の悪化を見据えた可能な限りの予算削減である。新型コロナウイルスの影響により今夏の移籍シーズンでは苦戦が予想されるものの、前シーズンもコウチーニョの移籍交渉等の苦境を経たバルサには問題を打開する経験値が備わっている。2019年7月にアトレティコ・マドリーに契約解除金1億2