(渡辺 正:東京理科大学教授、東京大学名誉教授)平年より2〜3℃暖かい日が続くとか、桜の開花がだいぶ早まる、といったことを知って、「地球温暖化」を連想する読者は多いだろう。台風の洪水被害や「降水量ゼロ続き」の報道にも、似た反応をするに違いない。日ごろメディアにすっかり洗脳されているからだ。温暖化報道の勢いでは、なぜか朝日新聞(とNHK)が突出している。10人近い「環境チーム」(2月26日朝刊)がつむぐ朝