ドーピング違反で8年間の資格停止処分、弁護士が「CASは偏見を聞き入れた」と主張競泳男子の五輪金メダリストの孫楊(中国)は先月28日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)からドーピング違反で8年間の資格停止処分を科された。裁定に対し、孫の弁護士は「悪魔が正義を負かした」と怒りの声明を発表しているようだ。孫は2014年11月、中国で行われた大会後のドーピング検査で陽性反応を示していた。その後、18年9月に行われたドーピン