衆院予算委員会 で26日、国民生活の安全・内外の諸課題等に関する集中審議が行われ、玉木雄一郎代表が登壇した。玉木代表は(1)東京高検検事長の定年延長を決めた閣議決定の問題(2)コロナウイルス対策をめぐるイベント自粛要請や、景気の悪化に伴う予防的な経済対策などを取り上げ、政府の姿勢を質した。玉木代表は冒頭、「今日はこの国が法治国家なのか人治国家なのか、白黒つける場なのだと思って質問させて頂く」と述べ