玉木雄一郎代表は26日、衆院予算委員会集中審議での質疑を終えた後、国会内で記者団の取材に応じた。検察官の定年延長問題については、「相変わらず全く答弁になっていない」と断じた。特に内閣法制局長官と法務大臣の答弁の矛盾が露呈したが、法相が謝罪はするが、撤回はしないという姿勢に終始したことから「意味がわからない。ますます混迷を深めているのではないか」と疑問を呈した。今後については、この問題が法治国家