26日、科技日報は、新型コロナウイルスによる肺炎で死亡した患者の遺体を解剖したところ、ウイルスが免疫系統に損傷を与えていた可能性があることが確認されたと報じた。記事は、華中科技大学同済医学院法医学部教授で湖北省司法鑑定協会会長の劉良(リウ・リアン)氏らのチームが今月16〜24日に新型肺炎で死亡した9人の遺体の病理解剖を行ったと紹介。9体の遺体は最年少が52歳、最年長が80歳でほとんどが60歳以上となっており、性