黒川東京高検検事長の定年延長問題が国会の重大な焦点になっています。主要論点は以下のとおりです。第一に、政府は国家公務員法の定年延長の規定は、検察官にも適用されることにしたとしていますが、どう考えても無理があります。検察官の職務の特殊性を考慮して定年を63才(検事総長は65才)と定める検察庁法は63才を超えて勤務することを禁じる趣旨であり、定年延長は出来ないと考えるのが普通です。政府も従来はそう解釈してき