森雅子法相は、21日、保釈された被告などの逃亡事件が続いたことを受けて、逃走を防ぐための新たな保釈制度について、法制審議会に諮問しました。所在の監視や逃げた場合の罰則の新設などが検討課題になる、とのこと。主な検討課題は、〇実刑判決後にすぐに収容できるよう、保釈中の被告に控訴審判決時の出廷を義務付け〇保釈中の所在を確認するため、被告にGPS機器を装着〇逃走罪を保釈後に逃げた被告にも適用〇実刑確定後も逃