「カジノ(賭博場)は日本のどこにもいらない」と呼びかける全国シンポジウムが23日、横浜市内で開かれました。全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会(代表・新里宏二弁護士)とカジノ誘致反対横浜連絡会(共同代表・後藤仁敏鶴見大学名誉教授ら)の共催で、市民ら150人が参加しました。大門・畑野氏参加後藤氏は主催者あいさつで「アメリカのカジノ企業をもうけさせるためにカジノを解禁し、横浜に誘致することを許してい