社民党の新党首が福島瑞穂参議院議員になった。ああ、これで社民党が立憲民主党に合流する話はなくなったな、というのが私の第一印象である。衆議院議員が党首になると、どうしても衆議院の解散・総選挙を意識して、他党との選挙協力や選挙区調整などを優先したくなるものである。何とか自分だけでも生き残る道はないかと必死に生き残り策を探すようになるものである。その点解散がない参議院議員の場合は、自分の存在価値を高める