立憲主義の回復を目指す幅広い研究者でつくる立憲デモクラシーの会が21日、国会内で記者会見し、安倍内閣が法解釈を変えて東京高検検事長の定年を延長した問題について声明を発表しました。声明は、安倍政権が国家公務員法を根拠に東京高検の黒川弘務検事長の定年延長を可能としたのは、これまで検察庁法で認められていなかった検察官の定年延長を「解釈の変更」で可能とし、閣議決定したことによるものだと指摘。権力者の犯