福井県勝山市の「雁が原スキー場」の経営者が語る、異常暖冬で一日も営業できない惨状破産申請から1週間後の2月10日には皮肉にも降雪が。だが、社長はむしろ清々しい表情で本誌の取材に答えた「暖冬」に敗けたスキー場が、ついに出てしまった。2月3日、福井県勝山市の「雁(かり)が原スキー場」を運営する勝山観光施設が、福井地裁に破産申請を行った。地元の有志らが出資して、’56年に開設。市街地からのアクセスがよく、全長15