かつて駅前には本屋があり、そこには立ち読みをする人が壁をなし、書架に手が届かないということもしばしばありました。書籍や雑誌は情報を取り込むための重要な手段であり、これを読みかじることでうんちくを垂れたりしたものです。今の人が書籍を読まなくなった理由はいくつもあります。ネットで情報がとれることが最大の理由でありますが、それ以外にも家が手狭なのに書籍が場所を取る、買っても全部読まない(読めない)、読む