有望な若手を複数レンタル移籍に出しているレアル・マドリードは、今冬にいくつかの動きを見せた。レンタル先で出番を失っている選手たちを別のクラブへとレンタルに出したのだ。レンタル先のバジャドリードで出番を失っていたGKアンドリー・ルニンがスペイン2部のオビエドへ、さらにウォルバーハンプトンで出番がなかったDFヘスス・バジェホをグラナダにレンタル移籍させた。レンタル移籍は経験を積むことを目的としており、出場