中国を代表する航空会社・中国国際航空(エアチャイナ)が、新型コロナウイルスへの対応を巡り、乗務員に「退職」、「法的措置」をちらつかせ業務を強いるメールを送っていたことが週刊文春の取材でわかった。【画像】横浜港に停泊中のダイヤモンド・プリンセス号1月末、同社の客室乗務員たちへ日本支社から届いたメールには、〈疫病を理由とする欠勤は一切認めない〉〈厳しく勤怠管理、退職手続きを進める〉〈会社が指定した