セグンダ・ディビシオン(2部)のレアル・サラゴサに所属するMF香川真司が11日、右足大腿二頭筋の負傷と診断された。クラブの公式サイトで発表されている。香川は第27節のフエンラブラダ戦に先発出場。リーグ戦3試合ぶりの先発となった香川だったが、前半36分に負傷交代となってしまった。スペイン『アス』は「筋肉にトラブルがあったようには見えなかった。ケガ以外での交代だとしたら、監督の判断に驚きだ」と伝えていた。