「(姓を変えるのがいやなら)結婚しなければいい」衆院の代表質問で1月、国民民主党の玉木雄一郎代表が選択的夫婦別姓の導入を求めた際、自民党議員がこんなヤジを飛ばした。しかし、このヤジをきっかけに、選択的夫婦別姓を求める声がさらに高まっている。現在、夫婦は同姓であることが民法750条によって義務付けられている。結婚の際に夫か妻かどちらかの姓を選べるものの、9割以上の女性が結婚の際に改姓しているのが現状だ。