北村誠吾公文書管理担当相が「桜を見る会」の名簿管理をめぐる野党の質問にまったく答えられなくなり、7日の衆院予算委員会は中断したまま、散会になりました。立憲民主党、国民民主党などの共同会派の黒岩宇洋議員が、「桜を見る会」の招待者の推薦名簿の保存期間について法的な根拠をただしたのに対し、北村担当相の答弁が二転三転した揚げ句、答弁に立てなくなり、審議が続行不能となりました。北村担当相が、所管する公文