通常国会冒頭の、補正予算案の審議が今日衆議院では終わりました。様々な論点は、さらに今後の本予算案審議の場でも掘り下げていくつもりですが、それにしても極めて問題なのは、棚橋予算委員会委員長の「しきり」のあり方。中立公正であるべき「委員長」の立場を大きく逸脱して、極端に政府与党よりのさばきでして。とんでもないことです。安倍総理に気に入られるよう「忖度」して、そのような偏った「しきり」をしているのがあり