ヴァン・ゴッホ(1853〜1890年)は30点以上の自画像を残していますが、1枚だけ真偽不明な作品があり、長らく議論の的となってきました。それは「オスロ自画像」と呼ばれるもので、他とは作風が異なるのが特徴です。今回の調査で本物であることが確認され、議論に終止符が打たれました。 こちらが今回本物と認定された「オスロ自画像」。1889年8〜9月に描いたもので、1910年にオスロ国立美術館が所蔵したことからそう呼ばれて