「大切な京都に共産党の市長はNO」−きょう26日朝の京都新聞第6ページに、排他的なフレーズで始まる全面広告が掲載された。広告主は現職市長の門川大作候補を支える『未来の京都をつくる会』。SNS上は朝からこの広告をめぐって批判が噴出し炎上気味になった。「デマ」「ヘイトではないのか」「良識を疑う」「現代の赤狩りに通じる」・・・確かに現職市長の陣営にしては品位を欠く。田中の電話取材に対して『未来の京都をつ