当時のアストロズ投手が謝罪「ルール違反をしていた」オフに新たにシカゴ・ホワイトソックスと契約を結んだダラス・カイケル投手が、2017年〜2018年に当時所属していたヒューストン・アストロズでサイン盗みが行われていたというMLB機構の調査結果を受けて謝罪した。そして、2017年にワールドシリーズで対戦したロサンゼルス・ドジャースの選手たちは一様に「世界一」の称号を受け取らないという意思を表明している。米スポーツ